プロフィール

ラボーナ

  • Author:ラボーナ
  • 住所:秋田県秋田市
    性別:男
    年齢:30代
    趣味:スポーツ観戦(サッカー、格闘技、バスケ、野球など)、ゲームetc

    ※当ブログの開始日:2005年8月6日

    【TBやコメントは大歓迎ですが、管理者が不適切と判断した場合はやむを得ず削除することがありますので、あらかじめご了承ください】

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ開始からの経過日数

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
DEATH NOTE
昨日、単行本12巻を購入。
ワンピースの新刊と一緒に買い、昨日はワンピースだけ読んで寝た。
で、さっきようやくDEATH NOTE12巻を読了。
うん、すべて納得したわけではないが、おおむね上手く終了したんじゃなかろうか。
若干ひっかかる部分も残ってるけど。。。
とにかく、ここ数年では屈指の面白さを与えてくれた作品に感謝。



しっかし、一番好きな作品「HUNTER×HUNTER」はいつ連載を再開してくれるのだろう。
途中で終わることだけは避けて欲しい。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/07/05 22:56】 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
立ち読み
毎週月・水・木曜日はコンビニもしくは本屋での立ち読みデーw
ちなみに現在読んでいるのは、以下のとおり。

【月曜日】
ジャンプ
 ・HUNTER×HUNTER(いつ連載再開するのか・・・)
 ・ワンピース(チョッパーLOVE)
 ・デスノート(月の巻き返しなるか!?)
ヤンマガ
 ・空手小公子小日向海流(早く武藤の試合が見たい)

【水曜日】
サンデー
 ・Major(困ったら三振かホームランの野球漫画w)
マガジン
 ・あひるの空(アフロのPGが好き)
 ・はじめの一歩(鷹村の試合が見たい)

【木曜日】
ヤンジャン
 ・タフ(ジェットのポテンシャルが知りたい)
 ・キャプテン翼(本当の日本代表にも翼がいてくれたらw)
チャンピオン
 ・範馬刃牙(この作品もよく続くわ~)

あと、月刊ものでは、
月刊マガジン
 ・BECK(コユキの歌声を実際に聴いてみたい)
 ・DEAR BOYS actⅡ(三浦の復活に期待)
 ・ヤタガラス(VIVA CALCIO復活希望w)

我ながらけっこうな数を読んでるもんだ。
でも、こうした立ち読みは日々の生活に大きな張りを与えてくれる。
これからも増減を繰り返しながら、とりあえずは止められそうにないだろう。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/03/31 23:30】 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バガボンド22巻
そういえば、土曜日に「バガボンド」22巻を買ったんだっけ。
二、三回通して読んだので、そろそろ感想を書いてみよう。





吉岡道場の当主、吉岡清十郎との立ち合いに勝利した武蔵だったが、無我夢中での勝利に今ひとつ実感が湧いてこない。

真剣勝負の最中、自分のすべてをぶつけさせてくれる強敵と対峙したことを神に感謝し、命のやり取りにもかかわらず、一瞬の笑みさえ浮かべる武蔵。
この勝利は大きく武蔵を変え、一つ階段を昇ったかのように思えた武蔵だったが、無意識のうちに手にした勝利という結果に釈然としないまま、ともすれば書き乱れてしまいがちな心を整理するため水墨画を描き続ける・・・

木彫りの彫刻で鬼の像を作ったり、物思いにふけりながら水墨画を描くなど、深遠なる精神世界で己の心を整理していく。そうした静寂と闘いで見せる激情のコントラストが、武蔵の内なる闇をよりいっそう濃くしているように思える。

清十郎との一戦を終えた武蔵は、疲労と怪我を癒すため、本阿弥光悦のもとで寝食の世話になっていた。時同じくして離れの部屋には佐々木小次郎が滞在していた。両雄のニアミスに心が高まるも、今はまだ直接の絡みは無し。

さて、吉岡伝七郎との決戦を目前に控えたある日、偶然出会った伝七郎と武蔵。そこに現れた祇園藤次が激昂して武蔵に突っ込んでくる刹那、落ち着いて、しかも気付かれないように足で地面に目印を付け、片目のハンディを悟られないように藤次を斬るという応用力を武蔵は見せてくれた。

この冷静さを見て、武蔵がこれからさらに加速度的に強くなるような気がした。

一方、清十郎ばかりか祇園藤次までも敗れ、残る伝七郎は精神面に不安の残すという吉岡道場にとっては絶望的な状況の中、道場関係者の一部では武蔵との決戦に佐々木小次郎を担ぎ出す算段を練っていた。

そんなある日、まんまと小次郎の偽者となり放蕩三昧だった又八がついに本物の小次郎と遭遇する。

ここで22巻が終了。
連載を読んでないのでこの先どうなるのかは不明だけど、とりあえず一刻も早く続きが読みたい。
この22巻は先日発売されたばかりなので、次が出るのはまたしばらく後になってしまうのか。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/02/27 23:23】 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
HUNTER×HUNTER
めずらしく今週も掲載されてた。
ここまで連続して掲載されると、正直後が怖い。
と思ったら、某巨大掲示板では「来週から4月までずっと休載」なんて噂が出てるし。

一応まだジャンプ本誌を読んでない方に配慮して、ネタバレにならないようプチ感想は続きの後に書いておきます。

バレ覚悟の方は↓にある「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/02/06 23:55】 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
HUNTER×HUNTER
先週、今週とジャンプでHUNTER×HUNTERが掲載されている。

2週にわたって王とアカズの少女との絡みを描き、最終決戦に向けて王の心理描写もいよいよ明確になってきた。

絶対的強者であり、すべての生物を搾取するだけの能力を兼ね備えた王は、アカズの少女との軍儀対戦の果てに何を思うのか。

キルアが感じているある種の懸念はどのような結末をもたらすのか。

コルトが育てていた子どもは、今後のストーリー展開にどのように関連していくのか。

ますます目が離せない。

年末年始で約2ヶ月は休載してたときはもう待ちきれなくてしょうがなかったけど、こうして2週連続で掲載されてるのを見ると、そろそろ休んでもいいから打ち切りだけは避けてもらいたいとさえ考えてしまう。

本来であれば、月に一度程度の休載ペースですら異常事態なのかもしれないが、ハンタはその面白さが別格なだけに、作者の思い描くエンディング以外の方法で連載が終わって欲しくないものだ。

でも、そろそろ単行本が出てもおかしくない時期じゃないの?

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/01/30 23:12】 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。