プロフィール

ラボーナ

  • Author:ラボーナ
  • 住所:秋田県秋田市
    性別:男
    年齢:30代
    趣味:スポーツ観戦(サッカー、格闘技、バスケ、野球など)、ゲームetc

    ※当ブログの開始日:2005年8月6日

    【TBやコメントは大歓迎ですが、管理者が不適切と判断した場合はやむを得ず削除することがありますので、あらかじめご了承ください】

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ開始からの経過日数

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
復活!
週明けからパソコンの調子が悪く、俺よりパソコンに詳しいカミさんがデフラグしたりリカバリしたりといろいろ試してくれたけど、結局もはやどうにもならない状態だったので、今まで使用してきたパソコンを処分することにした。

そのパソコンは、6年ほど前(だったかな?)に初めて買ったもので、基本的に家にいる日はほとんど毎日使ってて愛着があるパソコンだったので、処分しなければならないとなった瞬間、カミさんと結婚する前にそのパソコンでメールやメッセンジャー等でいろんな会話をしたことなどが思い出されて少し感傷的になった。
でも形あるものはいつかはこうなるのが運命なので、感傷的な思いを胸の奥にしまって、次のパソコンをどうしようかと話し合い、時は折りしもボーナス時期ということもあったので、これを機に新しいパソコンを購入することに決定。

でも、今後いずれは家を建てることも計画しているので、いくらボーナスが出るとはいえ高価なものは買えない。
そこでカミさんの提案として、まだ普通に使えるディスプレイは現行のものを使うことにして、今回は本体のみを購入することにした。
しかも、よくあるメーカーのパソコンではなく、パソコンショップで独自に組み上げた本体にすることでいくらかでも安く済ませることができるみたいだったので、特に機種等にこだわりのない俺も同意し、店員のおすすめとカミさんの意向、それに俺の意向も総合的に判断して、無難なところをチョイスした。

いわゆる最初からパッケージされた商品ではなかったので、すぐに納品とはいかなかったが、2日後に晴れて新規パソコンの引渡しとなった。

そして今、新しいパソコンから書いてるけど、いちいちどの操作も素晴らしく処理が早くてびっくり!w
これまで、せっかく書き上げたのに、事前に下書きをしなかった時に限っていざ更新する際にフリーズしたりして、更新する意欲が少しずつ削がれていたけど、今後しばらくはブログを更新するモチベーションが高まりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/30 22:26】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(24日の結果)
■決勝トーナメント1回戦

○ドイツ 2-0 スウェーデン●
【得点】
前半4分:ルカス・ポドルスキ(ド)
前半12分:ルカス・ポドルスキ(ド)
開始直後からいきなり攻勢に出たドイツが勢いでスウェーデンを上回り、ポドルスキが2得点。
スウェーデンは後半開始直後にPKを得たが、ラーションが枠を大きくはずし、これを失敗。
その後も攻撃性を失わないドイツに対し、スウェーデンは退場者を出すなどなかなか攻めきれないまま試合終了。
ホームの声援をバックにグループリーグでの好調をそのまま維持していたドイツが試合を支配した。



○アルゼンチン 2-1 メキシコ●
【得点】
前半6分:ラファエル・マルケス(メ)
前半10分:エルナン・クレスポ(ア)
延長前半8分:マキシ・ロドリゲス(ア)
今大会のアルゼンチンを相手に延長までもつれ込むとは、やはりメキシコは強豪といえども侮り難いチームだ。
アルゼンチンはこの苦戦で一層チームが引き締まるのだとしたら、もしかするとアルゼンチン優勝のためのキーポイントとなる試合だったと後に語られる試合だったのかもしれない。
なんて大袈裟か。
【2006/06/25 20:50】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(決勝トーナメント)
■決勝トーナメント1回戦

24日:ドイツ vs スウェーデン(日本時間24時~)

24日:アルゼンチン vs メキシコ(日本時間28時~)

25日:イングランド vs エクアドル(日本時間24時~)

25日:ポルトガル vs オランダ(日本時間28時~)

26日:イタリア vs オーストラリア(日本時間24時~)

26日:スイス vs ウクライナ(日本時間28時~)

27日:ブラジル vs ガーナ(日本時間24時~)

27日:スペイン vs フランス(日本時間28時~)



全部、見れっかなー。。。
【2006/06/24 20:20】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(23日の結果)
▼グループH

●サウジアラビア 0-1 スペイン○
【得点】
前半36分:フアニート(ス)
スペインは後半から完全に省エネモードというか、相手にボールを持たせてしっかりと跳ね返すという、決勝トーナメントでの戦いを見据えたような戦いぶりだった。



○ウクライナ 1-0 チュニジア●
【得点】
後半25分:アンドリー・シェフチェンコ(ウ)
シェフチェンコの2試合連続ゴール(今日のはPKだけど)の活躍により、ウクライナが初出場で決勝トーナメントへの切符を手に入れた。
前半ロスタイムに退場者を出して10人での戦いを強いられたチュニジアを相手に、シェフチェンコというスーパーなFWを擁するウクライナが1得点しか挙げられなかったのは不安材料かも。



▼グループG

●トーゴ 0-2 フランス○
【得点】
後半10分:パトリック・ビエイラ(フ)
後半16分:ティエリ・アンリ(フ)
ジダンの引退が延びて良かった。
でも、試合を通してシュート18本、FK23本、CK9本がありながら、しかもトーゴを相手に2点しか取れないのが今のフランスの実力なのだろう。
したがって、決勝トーナメントも期待できそうもないようだ。



○スイス 2-0 韓国●
【得点】
前半23分:フィリップ・センデロス(ス)
後半32分:アレクサンダー・フライ(ス)
順当に、至極順当にスイスが決勝トーナメント進出を決めた。
韓国が絡んだ試合にしては、めずらしく審判がある程度ちゃんとジャッジしてたと思う。
【2006/06/24 20:18】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラモスの言葉
ラモス

「日の丸――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。これまで何度もそんなことあったね。
ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。
日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。体中にパワーがみなぎってくる。でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。

日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。国を代表して戦うってスゴイことなんだよ。
それを忘れているんじゃないかって思う。ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。
国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。日本はそこんとこから外国に負けてる。自分のためだって?そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?
オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。


ドーハの時、オレは三八歳。あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ」







思想が右寄りな発言だとかそんなことは全然問題じゃない。
帰化するまでは純粋なブラジル人だったラモスの発言だからこそ、この発言には重みがあり、心に染み渡る。
現在の日本代表の中で、ここまでの決意、覚悟をもって試合に臨んだ選手は果たして何人いたのだろうか。
決して大袈裟なんかじゃない。
そこまでのものが要求されるのが、日本という国を代表する選手としての使命なんだから。
それが嫌なら代表の座を辞退すればいい。
カズが少年時代から熱望してやまなかったワールドカップの舞台に立てるという権利を手にした選手は、それなりの使命を帯びているのではないか。
このワールドカップの後、誰が監督となり、どの選手が代表に選手されるかわからないけど、今後、日本代表になる選手たちは、見る側も誇りをもって応援できるような代表であってほしい。

とりあえず、今大会の日本代表の監督、選手、スタッフの皆さん、おつかれさまでした。
この悔しさを胸に、大きく飛躍してくれることを切望します。
【2006/06/23 21:44】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(22日の結果)
▼グループE

●チェコ 0-2 イタリア○
【得点】
前半26分:マルコ・マテラッツィ(イ)
後半42分:フィリッポ・インザーギ(イ)
前半ロスタイムに退場者を出してしまったチェコ。
序盤から中盤にかけてはチェコが優勢だったが、CKから1点を奪われ、退場により10人での試合を余儀なくされてからはなかなか決定機を作り出すことができなくなってしまった。
それでもネドベドが長い距離を走ってボール奪取やチャンスメイクに奮闘していたが、リードを守る時のイタリアはまさに堅牢。
しかもただ守るだけではなく、後半にインザーギを投入することで虎視眈々とカウンターの機会をうかがい、そしてそのプランを見事に実行するあたりはさすがイタリアといったところ。
この試合により、残念ながらチェコのグループリーグ敗退が決定した。



○ガーナ 2-1 アメリカ●
【得点】
前半22分:ハミル・ドラマニ(ガ)
前半43分:クリント・デンプシー(ア)
前半47分:スティーヴン・アピア(ガ)
この試合で、W杯初出場のガーナが決勝トーナメント進出を決めた。
アメリカは戦前の予想より得点力がなく、イタリアと引き分けた以外はいいところなくグループリーグ敗退となってしまった。

そういえば、本大会前の親善試合で、このアメリカの守備プレスによって全く良さを消された日本代表。
選手個々のレベルは別にしても、今回の日本代表がチームの実力として参加国のアベレージにすら至っていないという指標ともいえるのではないか。
残念なことだけど。。。



▼グループF

△クロアチア 2-2 オーストラリア△
【得点】
前半2分:ダリヨ・スルナ(ク)
前半38分:クレイグ・ムーア(オ)
後半11分:ニコ・コヴァチ(ク)
後半34分:ハリー・キューウェル(オ)
試合結果しか見てません。
一進一退の試合展開だったようで。
つーかこの試合警告出すぎw
両チーム合計でイエロー8枚、レッド3枚。
うち3人はこの試合中のイエロー2枚で退場になってるし。
とりあえず、この試合によりクロアチアのグループリーグ敗退が決定。



●日本 1-4 ブラジル○
【得点】
前半34分:玉田圭司(日)
前半46分:ロナウド(ブ)
後半8分:ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(ブ)
後半14分:ジウベウト(ブ)
後半36分:ロナウド(ブ)
前半の終わり際までは、ぎこちないながらも随所に気合が感じられた試合だったが、全体を通して見るとロナウドの調子を上げるためのいい練習台にされた感じ。
正直、玉田のゴールには驚いたけど、これまでの酷評を覆すほどのものではない。
日本代表は、いろんな意味でもう一度基本に立ち返って出直しだな。。。
【2006/06/23 21:40】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(21日の結果)
▼グループC

○コートジボワール 3-2 セルビア・モンテネグロ●
【得点】
前半10分:ニコラ・ジギッチ(セ)
前半20分:サシャ・イリッチ(セ)
前半37分:アルナ・ディンダン(コ)
後半22分:アルナ・ディンダン(コ)
後半41分:ボナヴェンチュール・カルー(コ)
累積警告により大黒柱のドログバを欠いたコートジボワールが2点差を跳ね返し、逆転でW杯初勝利。
一方、セルモンはこの国名で臨む最後のW杯を未勝利で去ることとなった。。。
東欧の国々はそれぞれに複雑な国情があり、他国からは容易に計り知れないものだとは思うけど、今後もサッカーに政治を持ち込むことのないよう願いたい。



△オランダ 0-0 アルゼンチン△
【得点】なし
お互いに主力を温存した布陣でのスコアレス・ドロー。
結果だけを捉えると互角だったように見えるが、試合内容は、ほぼ終始アルゼンチンのペースだった。
やべえ、試合内容を見ると現時点ではアルゼンチンが一番強そうに見えるんだけど。
なお、本日の結果により、決勝トーナメントでアルゼンチンvsメキシコ、オランダvsポルトガルの対戦が決定。



▼グループD

△イラン 1-1 アンゴラ△
【得点】
後半15分:フラヴィオ(ア)
後半30分:ソラブ・バフティアリザデ(イ)
試合結果しか見てません。
アンゴラがW杯初得点を挙げたもののドローに終わったようで。
最終的にこの両チームともグループリーグ敗退決定。



○ポルトガル 2-1 メキシコ●
【得点】
前半6分:マニシェ(ポ)
前半24分:シモン(ポ)
前半29分:ホセ・フォンセカ(メ)
主力を温存したポルトガルが辛くも勝利。
メキシコ相手に主力を欠いても勝てるポルトガルの強さに驚き。
PK失敗などでメキシコがみずからチャンスを潰したという面もあったけど。
なお、アンゴラが引き分けたことにより、メキシコは決勝トーナメント進出決定。
【2006/06/22 23:29】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(20日の結果)
▼グループA

●エクアドル 0-3 ドイツ○
【得点】
前半4分:ミロスラフ・クローゼ(ド)
前半44分:ミロスラフ・クローゼ(ド)
後半12分:ルカス・ポロウスキ(ド)
ドイツは比較的楽な組に入ったおかげもあり、勝利を重ねることで徐々にチームが熟成されてきた感じ。
ただ、強豪とされる国と対戦したときに、懸案となっている守備が持ちこたえられるのかは不明だけど。
バラックの調子次第では開催国の名に恥じないところまで勝ち上がることができるかも。



●コスタリカ 1-2 ポーランド
【得点】
前半25分:ロナルド・ゴメス(コ)
前半33分:バルトシュ・ボサツキ(ポ)
後半21分:バルトシュ・ボサツキ(ポ)
見てません。よってコメントなし。



▼グループB

△スウェーデン 2-2 イングランド△
【得点】
前半34分:ジョー・コール(イ)
後半6分:マルクス・アルベック(ス)
後半40分:スティーヴン・ジェラード(イ)
後半45分:ヘンリク・ラーション(ス)
終了間際のラーションのゴールは見ていて熱くなった。
でもイングランド大丈夫かなあ。
ルーニーがようやく復帰したと思ったら、今度はオーウェンが怪我。
しかも今大会中の復帰は困難らしいし。
オーウェンは好きな選手なので、大事に至らないことを祈ってます。



○パラグアイ 2-0 トリニダード・トバゴ●
【得点】
前半25分:オウンゴール
後半41分:ネルソン・クエバス(パ)
ドワイト・ヨークおつかれさま。
【2006/06/21 21:53】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(19日の結果)
▼グループG

●トーゴ 0-2 スイス○
【得点】
前半16分:アレクサンダー・フライ(ス)
後半43分:トランクイロ・バルネッタ(ス)
スイスの持ち味である堅守が目に付いた試合。
是非次戦の相手にも大勝利をおさめてくれることを切に願ってます。


▼グループH

●サウジアラビア 0-4 ウクライナ○
【得点】
前半4分:アンドリ・ルソル(ウ)
前半36分:セルギ・レブロフ(ウ)
後半1分:アンドリー・シェフチェンコ(ウ)
後半39分:マクシム・カリニチェンコ(ウ)
ようやくシェフチェンコがW杯初ゴールを挙げた。
確かにウクライナはシェフチェンコの個が突出したチームだけど、
彼以外のメンバーもよく走ってこの日の勝利に貢献した。



○スペイン 3-1 チュニジア●
【得点】
前半8分:ジャウェル・ムナリ(チ)
後半26分:ラウル(ス)
後半31分:フェルナンド・トーレス(ス)
後半45分:フェルナンド・トーレス(ス)
前半をチュニジアのリードで折り返したときはどうなるかと思ったけど、
さすがはスペイン、いや、さすがはラウル。
ラウルの同点ゴール以降、本来のスペインの攻撃が随所に見られ、
結果、最終戦を待たずして予選リーグ突破を決めた。
今回のスペインはいつもと違ってなかなか期待できるかも!?
【2006/06/20 20:04】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(18日の結果)
疲れてるので、各試合の感想を省略します。。。


▼グループF

△日本 0-0 クロアチア△
【得点】なし



○ブラジル 2-0 オーストラリア●
【得点】
後半4分:アドリアーノ(ブ)
後半45分:フレッド(ブ)



▼グループG

△フランス 1-1 韓国△
【得点】
前半9分:ティエリ・アンリ(フ)
後半36分:パク・チソン(韓)
【2006/06/19 21:37】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(17日の結果)
▼グループD

○ポルトガル 2-0 イラン●
【得点】
後半18分:デコ(ポ)
後半35分:クリスティアーノ・ロナウド(ポ)
デコのダイエクトで放ったミドルが素晴らしかった!
そしてフィーゴが獲得したPKを冷静に決めたC・ロナウドも良かった。
フィーゴの、おそらく自身最後となるW杯に賭ける意気込みが随所に見られる試合だった。



●チェコ 0-2 ガーナ○
【得点】
前半2分:アサモア・ギヤン(ガ)
後半37分:サリー・ムンタリ(ガ)
試合は見てないから、結果を見てマジで?って思った。
それほどガーナが強いとは思ってなかったけど、チェコがやらかしたんかなー。



▼グループE

△イタリア 1-1 アメリカ△
【得点】
前半22分:アルベルト・ジラルディーノ
前半27分:オウンゴール
いやー、この試合結果にも若干驚いた。
アメリカの組織はイタリアといえども十分警戒に値するとは思ってたけど・・・引き分けるとは。
お互いに退場者(イタリア1人、アメリカ2人)を出す試合展開は想定の範囲を超えていた。
【2006/06/18 21:33】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(16日の結果)
▼グループC

○アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ●
【得点】
前半6分:マキシ・ロドリゲス(ア)
前半31分:エステバン・カンビアッソ(ア)
前半41分:マキシ・ロドリゲス(ア)
後半33分:エルナン・クレスポ(ア)
後半39分:カルロス・テベス(ア)
後半43分:リオネル・メッシ(ア)
いやもうアルゼンチンが強いのなんの。
セルモンはもうちょっとできるチームだと思ってたけど、それ以上にアルゼンチンが攻守にわたって素晴らしい試合を見せた。
攻撃はもちろんだけど、守備での的確で素早いプレスが強烈で、セルモンにまともに攻撃させなかった。
これだけ点差が広がると、得てして試合途中からプレスが緩くなりがちだけど、最後までしっかりボールマンへの寄せがルーズにならず、チームとして守備の意思統一がしっかりと図られていた。
いやー、今回のアルゼンチンは完成度高いわ。



○オランダ 2-1 コートジボワール●
【得点】
前半23分:ロビン・ファン・ペルシー(オ)
前半27分:ルート・ファン・ニステルローイ(オ)
前半38分:バカリ・コーネ(コ)
オランダもアルゼンチンに続いて2勝目を挙げた。
前半立て続けに2点を取ったところで、大差になることも想像されたけど、コートジボワールもよく統制されたチームでオランダにそれ以上の得点を許さなかったのは見事。
ま、応援してるオランダが勝てて良かった。
それにしても今大会はちょっとイエロー出し過ぎじゃないかい?


▼グループD

△メキシコ 0-0 アンゴラ△
【得点】なし
うーん、普通にメキシコが勝つと思ってたんだけど。
【2006/06/17 16:09】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(15日の結果)
▼グループA

○エクアドル 3-0 コスタリカ ●
【得点】
前半8分:カルロス・テノリオ
後半9分:アグスティン・デルガド
後半47分:イバン・カビエデス
試合を見てません。


▼グループB

○イングランド 2-0 トリニダード・トバゴ●
【得点】
後半38分:ピーター・クラウチ
後半46分:スティーヴン・ジェラード
ベッカムの右サイドからのクロスを頭で合わせたクラウチ。
そしてジェラードの豪快ミドル。
イングランドが「らしさ」を発揮し始めた。
さらにルーニーが加わったら相当に強力なチームになりそう。



○スウェーデン 1-0 パラグアイ●
【得点】
後半44分:フレドリク・リュングベリ
スウェーデンは試合終了間際にようやく1点を獲得し、辛くも勝ち点3を獲得。
うーん、開幕前はもう少し得点能力の高いチームだと思ってたんだけどなぁ。。。
【2006/06/16 21:44】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(14日の結果)
▼グループA

○ドイツ 1-0 ポーランド●
【得点】
後半46分:オリバー・ノイビル(ド)
うーん、ドイツのグループリーグ突破は確実なんだろうけど、
この調子じゃあ決勝トーナメントでいきなり負けそうな予感。



▼グループH

○スペイン 4-0 ウクライナ●
【得点】
前半13分:シャビ・アロンソ(ス)
前半17分:ダビド・ビジャ(ス)
後半3分:ダビド・ビジャ(ス)
後半36分:フェルナンド・トーレス(ス)
ウクライナもW杯レベルの実力を持ってるとは思うけど、
それ以上にスペインの調子が良かった。
今大会こそは「無冠の帝王」返上なるか。
ただ、もう少し上のレベルの相手と対戦したときにも、
このようなサッカーができるかは疑問。



△チュニジア 2-2 サウジアラビア△
【得点】
前半23分:ジアド・ジャジリ(チ)
後半12分:ヤシル・アル・カフタニ(サ)
後半39分:サミ・アル・ジャバー(サ)
後半47分:ラジ・ジャイディ(チ)
いい意味で予想を裏切られた試合。
お互いの「負けられない」という気持ちのぶつかり合いが、
見てるこっちにも伝わってきた。
おかげで寝不足w
【2006/06/15 21:18】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
そういえば
昨日の韓国vsトーゴの試合・・・
手違い?により韓国の国歌が2回連続で流れたり、その不手際に拍手を送ったり、「来るぞ来るぞ」と思ってたらやっぱり韓国の相手チームに退場者が出たりするのを見て、ふと2002年のことを思い出した。

大好きなサッカーを冒涜する行為は断じて許せません。



【2002年日韓W杯で韓国が行った数々の目に余る行為に対する、サッカー界の著名人による見解】


マラドーナ
「キムチばっかり食べてるとああいう馬鹿が生まれるのかね。」


ジーコ
「不可解な判定はいずれも韓国が一番苦しい時間帯に行われた。これはもう偶然とはいえない。言っていいはずがない。」


ヨハン・クライフ
「W杯の恥さらし国家。韓国は史上最低の開催国として歴史に名を刻むことだろう。」


プラティニ
「不愉快だ。W杯は世界最高の大会のはずだ。世界最高の大会は公正な場で行うのが義務だ。まして観客の声援を強く受ける開催国はこれに細心の注意を払わなくてはならない。それを怠った韓国には深く失望し憤りすら感じる。」


ネッツァー
「米国、ポルトガル、イタリア、スペイン戦で韓国が行ったことはこれまでFIFAが築いてきた フットボール文化を否定し、腐敗を招く行為でしかない。私は多少混乱が生じたとしても韓国から勝利を剥奪しても良かった様に思う。そうすればこのような過ちは繰り返されなくなるのだから。」


リネカー
「一つ確かなのは今回の韓国の勝利に名誉が伴っていないことだ。後年日韓W杯を振り返ったときにトルコやセネガルに米国、スウェーデン、ベルギー、日本の健闘が賞賛されることはあっても韓国が賞賛されることは決してないだろう。」


ストイコビッチ
「(スペイン戦後)韓国が調子に乗るのもここまでだ。」


カッペロ
「私は世界中のサッカーファンが記録の上では韓国の勝利となったが記憶の上ではイタリアの勝利だと受け止められることを確信している。」


オーウェン
「(大会終了後)卑劣な手段によって準決勝まで進出した国がW杯の権威まで汚してしまったことを残念に思う。」


ラウール
「何度でも言おう。この試合は我々の勝利だと。」
【2006/06/15 01:47】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(13日の結果)
▼グループF

○ブラジル 1-0 クロアチア●
【得点】
前半44分:カカ(ブ)
正直、ブラジルにはクロアチアに大勝してもらいたかった。
でも実際、クロアチアはよく統制のとれた守備をベースに、ブラジルに一泡ふかせるだけの「牙」を常に隠し持っていた。
こういうチームは怖い。
しかし、だからといって日本代表は腰が引けるような戦いをしてもらっては困る。


▼グループG

○韓国 2-1 トーゴ●
【得点】
前半31分:アブデルカデル・クバジャ(ト)
後半9分:イ・チョンス(韓)
後半31分:アン・ジョンファン(韓)
試合前に韓国の国歌が2回流れたり(本当にただの手違いなのか?)、うすうすそんな気はしてたが、やはり韓国の相手チームに退場者が出たり、どうやら2002年の悪夢がまだ続いてたようですな。


△フランス 0-0 スイス△
【得点】なし
予想以上にフランスの出来が悪かった。
というより、ジダンの調子が悪かった。
アンリも精彩を欠いていた。
それがヨーロッパ予選と同様、引き分けに終わった原因なのかな。
【2006/06/14 22:52】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(12日の結果)
▼グループE

●アメリカ 0-3 チェコ○
【得点】
前半5分:ヤン・コラー(チ)
前半36分:トマシュ・ロシツキー(チ)
後半31分:トマシュ・ロシツキー(チ)
日本があれだけやられたアメリカを相手にこの点差。
強い強いとは思ってたけど、やはり強かったw
それにしてもコラーの怪我が心配。



○イタリア 2-0 ガーナ●
【得点】
前半40分:アンドレア・ピルロ
後半38分:ヴィチェンツォ・イアキンタ
日本戦のショックで見てませんw
ま、順当勝ちかと。



▼グループF

○オーストラリア 3-1 日本●
【得点】
前半26分:中村俊輔(日)
後半39分:ティム・ケーヒル(オ)
後半44分:ティム・ケーヒル(オ)
後半47分:ジョン・アロイージ(オ)
のーこめんと。。。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

【2006/06/13 22:46】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
あー
オーストラリア戦終了後、mixiの日記にはちょろっと書いた。
でもあっちはリアルの知り合いともマイミクになってて、あまり思ったことをそのまま衝動的に書き込んだりはできない場所になってる。
というか、自分でそういう位置付けにしているから。

でも正直、悔しくて悔しくて悔しくて…
でも、思ったことをすぐ書いたら罵詈雑言のオンパレードになりそうだから、こっちでもやめときます。

見てる側は今日の敗戦を多少は引きずるかもしれないけど、選手達はどうか早くに気持ちを切り替えて、次戦に備えていただきたい。
日本を代表するプロのサッカー選手なんだから、「あー、オーストラリアに負けたから予選リーグ敗退かなぁ」みたいな弛緩した雰囲気を醸し出すことだけは勘弁してほしい。

W杯は楽しむ場所じゃない。
ちょっと規模の大きい修学旅行じゃねえんだからさw
戦えない選手は、今からでも遅くはないので自ら代表の座を辞退し、早々に帰国してもらいたい。



よし、俺も今夜一晩ぐっすり寝て、明日の朝起きたら気持ちを切り替えていこう。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

【2006/06/13 01:23】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(11日の結果)
▼グループC

●セルビア・モンテネグロ 0-1 オランダ○
【得点】
前半18分:アルイェン・ロッベン(オ)
試合序盤からオランダ特有のピッチの横幅を目一杯使ったワイドなパス回しが展開
され、見ていてた。
ロッベンが先制点のシーンのみならず、セルビアの左サイドを再三突破してチャン
スを量産していた。
一方、セルビアは選手交代でロッベンのマークを強化し、後半になると中盤のプレ
スがさらに厳しくなり、徐々に攻撃にも良い影響が出始めた。
それに従い、オランダは後半になると一転、前半で見せた流れるようなパスワーク
がなりを潜め、中盤でめまぐるしく攻守が逆転する展開が続き、最終的には辛くも
オランダが逃げ切りに成功した。
この勝利でオランダは「死の組」を突破する可能性が高まったのではないか。



▼グループD

○メキシコ 3-1 イラン
【得点】
前半28分:オマル・ブラボ(メ)
前半36分:ヤヒア・ゴルモハマディ(イ)
後半31分:オマル・ブラボ(メ)
後半31分:ジーニャ(メ)
メキシコが見事に初戦を飾った。
いつものように豊富な運動量からイラン陣内に鋭利なカウンターを繰り返していた

イランも先制点を取られても慌てずに食い下がり、前半はほぼ互角の展開。
それでも後半、イランの運動量が落ちたところでしっかりと突き放したメキシコの
試合巧者ぶりが目立った。



●アンゴラ 0-1 ポルトガル○
【得点】
前半4分:パウレタ(ポ)
左サイドのフィーゴから出たグラウンダーのパスをパウレタが左足で合わせ先制。
その後もクリスティアーノ・ロナウドの個人技などで好機をつくるが追加点を奪え
ず。
といった展開だったらしい。つーか、見てませんw

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

【2006/06/12 20:36】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(10日の結果)
▼グループB

○イングランド 1-0 パラグアイ●
【得点】
前半3分:OG(イ)
※試合開始早々に得たFK。ベッカムが蹴ったするどいボールが相手のオウンゴールを誘い先制点。転がり込んできた1点を守りきり、イングランドが危なげなく初戦を飾った。
これでルーニーが復帰したらさらにレベルアップしたチームになるかと思うと、優勝を狙える数チームのうちの1つという評価は揺ぎ無いだろう。


△トリニダード・トバゴ 0-0 スウェーデン△
【得点】なし
※あーあ、もったいないよ、スウェーデン。ラーションとイブラヒモビッチの2トップを擁し、しかも相手は格下と見られていたトリニダード・トバゴに無得点の引き分け。スウェーデンにとっては予定外の結果だろうけど、俺にとっても予想外だw
さあスウェーデン、もう残りの試合は勝つしかないよ!



▼グループC

○アルゼンチン 2-1 コートジボワール
【得点】
前半24分:エルナン・クレスポ(ア)
前半38分:ハビエル・サビオラ(ア)
後半37分:ディディエ・ドログバ(コ)
※いわゆる「死の組」と称されるグループCの中で、見事に初戦を飾ったアルゼンチン。取るべき人が得点を挙げるとチームは勢いに乗る。このまま死の組をすんなり突破できるのか!?あるいはオランダ、セルビア・モンテネグロが混戦に持ち込むのか!?
戦う側にとっての「死の組」は、見る側にとってはこれ以上ないほど楽しみな対戦の連続だ。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

【2006/06/11 17:09】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯(9日の結果)
▼グループA

○ドイツ 4-2 コスタリカ●
【得点】
前半6分:フィリップ・ラーム(ド)
前半12分:パウロ・ワンチョペ(コ)
前半17分:ミロスラフ・クローゼ(ド)
後半16分:ミロスラフ・クローゼ(ド)
後半28分:パウロ・ワンチョペ(コ)
後半42分:トルステン・フリンクス(ド)
※エースFWクローゼの2得点を含む4点を挙げ開幕戦に勝利した開催国ドイツ。でも開幕直前の日本戦で見せた守備面の不安を再度露呈した感じ。
でも、A組はライバルになるほどの国がいないので、この状態のドイツでさえグループリーグ突破は楽勝だろう。
あ、ワンチョペの2点目はオフサイドでしょ?w



●ポーランド 0-2 エクアドル○
【得点】
前半24分:カルロス・テノリオ(エ)
後半35分:アグスティン・デルガド(エ)
※ヨーロッパで開催されるW杯はヨーロッパ勢が有利だと思っていたら、ポーランドがあっさり敗北。予想以上にポーランドのレベルは低かった。この勝利でエクアドルが強いという評価を下せないほどに。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

【2006/06/10 23:37】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
W杯開幕!
いよいよワールドカップ ドイツ大会が今夜開幕する。
そして、我らが日本代表の健闘を心から祈っている。
もはやここまできたら気持ちの勝負!
勝利という唯一にして最大の目標を前に、チーム一丸となって戦ってほしい!

1次リーグのスケジュール(サンスポより)
↑クリックで別窓表示。



というわけで、試合が始まる前に予想してみよう。



まず開幕戦のドイツvsコスタリカ。
バラックが欠場してもドイツのほうが地力があると思うので、ドイツ勝利と予想。

※ここで話のネタにウイイレ10でCPUドイツ対CPUコスタリカの試合をやってみた。すると、試合は圧倒的にドイツが支配していたものの、後半開始直後にカウンターからのコスタリカが先制点をあげ、その後はドイツが怒涛の攻撃を見せるも時間だけが過ぎていき、1-0のスコアのまま試合終了。前回大会に引き続き、開幕戦から番狂わせが起こった(inウイイレ10)

次はポーランドvsエクアドル。
南米予選では、ブラジルにもアルゼンチンにもホームで勝利しているエクアドルに対し、厳しいヨーロッパ予選を守備で勝ち抜いたポーランド。
なかなか予想するのが難しいけど、個人的にはエクアドルにがんばってほしいかな。

※ウイイレではポーランドがカウンターとセットプレーから1点ずつ得点し、2-0で勝利。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

【2006/06/09 22:03】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
あと1日
いよいよ明日、W杯が開幕。
日本代表は現在怪我人を多く抱えてるけど、大丈夫なんだろうか。
とにかく初戦のオーストラリア戦は絶対に勝ってほしい!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/08 23:16】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
あと2日
W杯開幕まで残すところあと2日。
(↑間違って「3日」と書いていたので訂正しました^^;)

ここんとこ、日増しに待ち遠しくなってきている。

2002年日韓大会のときは開催国特権として予選なしで出場できたから、今回は1998年以来8年ぶりに予選を勝ち抜いて出場する大会。

時差の関係で明け方に開始する試合とかもあるけど、可能な限り観戦していきたい。

今月は仕事も忙しくて体力的にもつらいけど、がんばろー!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/07 22:46】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
児童手当
今日、職場の後輩と一緒に児童手当の手続きを行った。
最初は配られた用紙に必要事項を記入するだけだと思っていたら、所得証明書と住民票も必要だとのことだったので、2種類合計で600円を支払って手続きを済ませた。
ああ、なけなしの小遣いの中から想定外の出費。
ちょっとした昼飯代くらいか。
肝心の児童手当は俺の手元には来ないで直接家計の足しになるんだけど。
ま、今のご時世、こういう手当があるだけでも感謝しなくてはいけないのかもしれない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/06 23:17】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
逮捕
村上ファンドもそうだけど、やはり秋田に住んでいる以上は藤里町の男児殺人事件に関心がいく。
ていうか、特に注目したくなくても毎日毎日あれだけメディアで報道されれば、いかにこの手のニュースに興味がない(疎い)俺でも印象に残る事件だ。
結局、事件は男児が亡くなる少し前に亡くなった女児の母親が容疑を認めたことで、一応の解決はみた。
ま、噂どおおりというか。
肝心の犯行に至る動機がまだわからないけど、聞きたいような、聞くのが怖いような複雑な心境だ。
亡くなった女児と男児のことを考えると、何とも痛ましい、そしてやるせない事件だ。。。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/05 23:34】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マルタ戦
感想を書く気力がでない試合。

試合を見るのにもかかわらずDVDレコーダーにも録画したけど、こりゃ消去だな。

疲労がたまってるのはわかるけど、あまりにも気持ちが前面に出てこなすぎる。

W杯直前にやるゲームじゃないよ。

でも、力の限り応援はするけどね・・・

だから、見る者に伝わる試合をして欲しい。

日本の代表として。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/04 23:24】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
さて
念願のウイイレ10を購入。

まず大方のリネームを終わらせ、マッチモードで動かしてみる。

うん、9と違ってファール頻発状態にならなくて良いかも。

そして結構ドリブルが強い仕様になってるのかな?と感じた。

あと、CPU対CPUの試合を観戦するのがなかなか楽しい。

じゃあサカつくやれよってツッコミはなしでw

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/03 23:12】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
さて
この日の日記を月曜日に更新してるわけだが・・・

金曜日がどんな日だったのかあまり覚えてないという体たらく。

やべ、若年性のナントカだろうか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/06/02 23:04】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
代表について
加地の怪我はチームを離脱するほどの状態ではないらしい。
まだ様子見の段階のようだけど、とりあえずは安心なのかな。
本番まで残り少ないこの時期だから焦るなといっても無理かもしれないけど、慎重に調整してもらいたい。
加地はもはや日本代表にとって代えのきかない選手になんだから。
駒野も決して悪くはないけど、やはり現時点では右サイドは加地であってほしい。
初めて代表に呼ばれてからしばらくの間は、どこかオドオドした印象が見受けられたけど、現在ではどっしり落ち着いて自分のプレーに自信を持っているように見える。
だからこそ、加地のいない右サイドは不安なんだ。
仮に左サイドにアレックスがいなくてもそういう気持ちにはならないんだけどな。
ごめんよ、アレックスw

あと、田中誠が無念の帰国というニュースが残念だった。
個人的にも田中は坪井よりも評価していた選手だっただけに、直前の怪我が悔やまれる。
代わりに選出された茂庭はハワイでの傷心旅行を途中で切り上げて急遽代表の合流することになったけど、Jビレッジでの代表合宿を経験していないので、特にフィジカルコンディションが気になるところ。
つーか、この時期に傷心旅行でハワイに行くなよw
時にポカをかますけど、どこか憎めない茂庭の活躍を期待している。

あと、やはりジーコはどうあっても松田を選出する気はないみたいだね。
怪我で離脱したのがセンターバック(田中)だったので、松田が呼ばれるにはここしかないというタイミングに思えたんだけど。
ドイツ戦でのセットプレーからの失点を見てしまうと、そして、オーストラリアやクロアチアのFWのプレースタイルを考慮すると、相手としっかり競り合える松田もしくは闘莉王が必要じゃないかなー。
仮に宮本は絶対はずせないのならば、左右のセンターバックは上背があって人に強いタイプの選手がいいんじゃないかと考えてしまう。

ジーコが選んだ選手を信じて応援すると決めたはずなのに、どうにも不安が頭をよぎる。
応援する側がこんなに不安を感じてはいけないとは思うんだけど、本番が近付くにつれていろいろ考えてしまう。
んー、だんだんナーバスになってきたな。。。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

【2006/06/01 23:00】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。